fbpx

学校の先生必見!2013年8月に行われたワークショップのレポートです。



 

8月6日に行われた、英語での指導の仕方のワークショップでしたが、各先生方は個性あふれるスタイルでの授業になりました。

 

iPadやiPodを駆使し、リスニングを利用した授業から、教科書を使用し、生徒がスピーチをする授業まで、それぞれ特徴がありました。

参加者はリラックスしながらも、気の抜けない授業を一緒に作り上げていく展開になりました。

ご自分の教室に帰ってもきっと何か応用できるものを持って帰っていただけたと思います。

 

▼ゲスト講師の西垣知佳子先生のクラスでは『生徒の力を引き出す授業の方法』の理論を教わった後に、実際にリスニング教材でその方法を体験しました。

すべて英語で行う授業を生徒として体験することにより、リスニング教材の有効な使い方、プリントの利用の方法等実感することが出来ました。

 

 

▼J先生のクラスでは’The Socratic Method’の理論を教わり、その後、実践モデルレッスンがありました。



 

▼富岳先生のクラスでは最新の高校の教科書を使用し、そこにあるスピーチ内容を参考にしながら、スピーチの作成の仕方を勉強しました。最後に各生徒が自分のスピーチを発表しました。

 

 

また、あぜりあでこんなことをしてほしいなどの、ご意見ご要望がございましたら、是非こちらからお知らせくださいませ。

※メールのほか、お電話や各校マネージャーまでご連絡ください。

 

All in Englishでの指導法講習会

新・高等学校学習指導要領は,「授業は英語で行うことを基本とする」としています。

中学校では、聞くこと,話すこと,読むこと,書くことの4技能を「統合的に活用できるコミュニケーション能力を育成する」としています。

グローバル化の時代にあって,英語教師には,これまで以上に高い英語力が求められるようになりました。

 

このワークショップは,英語で英語をどのように指導するか,

先生方がどのようにしてご自身の英語力を高めて行くのかのヒントが詰まっています。

昼食を食べながらの懇親会も毎日開催します。講師に質問をしたり,お互いのアイディアや悩みを交換する場となることでしょう。

夏休みを利用して,是非,ワークショップにご参加ください。

 

日時:2013年8月4日(日)、5日(月)、6日(火)

会場:あぜりあ JR津田沼校 (JR津田沼駅南口徒歩2分)

対象:中学校・高校・大学英語教師、英語教育関係者

受講費: 3日間 18,000円、2日間 14,000円、1日 8,000円

※3日間参加者には修了書が出ます。

※昼食はご持参願います。

 

申込み:あぜりあ JR津田沼校 TEL/FAX 047-409-0477又は 最下部お申込みより

申込み締切:7月27日(土)

 

講義スケジュール

 

≪8月4日(日)≫

1限 10:00~11:30 長谷川先生①

昼食・懇談会 11:40~12:40  J先生、Will先生

2限 12:50~14:20  J先生①

3限 14:30~16:00  Will先生

 

≪8月5日(月)≫

1限 10:00~11:30 長谷川先生②

昼食・懇談会 11:40~12:40  Paul先生

2限 12:50~14:20  Mark先生

3限 14:30~16:00 富岳先生①

 

≪8月6日(火)≫

1限 10:00~11:30 西垣先生

昼食・懇談会 11:40~12:40 J先生、Paul先生、Will先生

2限 12:50~14:20  Jack先生②

3限 14:30~16:00 富岳先生②

 

※懇談会は周りの方とゆっくり食事をしながらの懇談の時間です。参加は自由ですので、近くのレストランで食事もできます。

 

 講師プロファイル及び講義内容

ゲスト講師

西垣知佳子先生  

千葉大学教授。教育学部で小・中・高の英語教員の養成を担当。専門はリスニングと,語彙の学習と指導。

「英語力」「授業力」「言語・文化の知識」を備えた英語教師の育成を目指す。中学校検定教科書 『Sunshine English Course』 執筆者。
元NHKラジオ講座講師。

■講義内容■

生徒の力を引き出す授業の方法(4技能統合型の授業の方法,学習者の気づきを引き出す授業の方法を紹介します)

 

Mark Lemon先生

植草学園大学・短大・付属高校・付属幼稚園講師。

来日以来13年のキャリア。カナダのマギル大学で、英文学、日本語、TESL専攻。言語研究、歴史、自然写真が趣味。

■講義内容■

Making English Classes More Communicative
(Realistic strategies and activities for the getting students to use English in the classroom.)

 

あぜりあ講師

冨岳可代子先生

心理カウンセラー、通訳者、翻訳者、英検1級。現在心理カウンセリングの仕事を中心に経験豊富な英語指導者としても活躍中。ニューポート大学大学院卒。

■講義内容■

① English through English (実際のテキストを使いクラスを再現します。)

② Class English (日本人教師が英語でレッスンをするために必要なこと。コツをお教えします。英字新聞の活用法も紹介いたします。)

 

長谷川美美先生

英会話講師として13年間。 英会話のみならず、英検、TOEIC受験クラス。大学受験クラスの指導者としても活躍中。カナダ オカナガン大学卒。

 

■講義内容■

①Describe things in English~

(先生から出題される問題をチーム対抗ゲーム形式で行うなど、効果的な生徒とのコミニュケーションゲームをショートレッスンの中で再現します。)

②This is all for today ( Introduction~Closing の流れと各パートの効果的な時間配分を紹介します。)

 

J先生

英会話講師として豊富な経験を積んだ授業が好評。教育関係の仕事の他にジャーナリストとしての活動も行い、特に時事、法律に詳しい。

懇談会も担当。ラバーン法科大学博士課程卒。

 

■講義内容■

① Teaching Difficult Subjects (Sensitive topics such as racial discrimination、historical viewpointsの教え方)
② Active vs. Passive teaching

(In general learning is passive involvement. The philosopher Socrates had students study first, then lectured on the topic. Active Teaching.)

 

Will Rosenthal先生

3年前に来日以来、日本で英語教師として活躍中。翻訳,校正なども手掛る傍ら、日本語の勉強も怠らず日本語能力試験2級を保持。

工夫された手作りの教材等、アイデアマン。タフツ大学を卒業

■講義内容■

Have a nice lesson. (Teaching ideas for an eikaiwa classroom.)